上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「才能あるよね」いつ頃までだったでしょう。これを言われる事が何より嬉しかった私。そう言えば最近言われてねぇな~、というのと仮に今そう言われても昔ほど嬉しさは感じないかもしれないな、と思い始めている今日この頃です。おそらく才能のみで出来ちゃった時と努力によって成しえる事が出来た時の喜び度が自分の中で逆転したからかもしれません。

とは言っても憧れの才能はあるわけで、その一つが絵です。イラスト的なものでもいいのですがつまりは「描く」という事。これは数学に次いで私が苦手としていることですが、先日ある生徒さん(N山さん、自称元オタク)から頂戴した作品に度肝を抜かれました。小学校1年生の息子さんと親子で受講頂いているのですが、メッツの宣伝も兼ねた冊子的な物を作って持ってきてくれたのです。
その一部がこちら。

blog1.jpg      blog2.jpg

スゲェ~、ウメェ~、プロじゃん!!私の発した言葉に息子のR太君が食いつきます。「本当?プロみたい?」
ママの描いた物がプロみたいなんて言われたから嬉しかったのかなぁ。何だか彼も誇らし気です。彼は彼でマリオをモチーフにした超大作を見せてくれましたし。N山親子色んな意味で恐るべし。

そう言えば私が幼少の頃、母親が仮面ライダーだかウルトラマンだかの絵を描いてくれて自分も真似て描くんだけどどうしても母親ほど上手く描けなくて、なんて事がありましたね。どんな絵だったのかははっきりと思い出せませんが上手く描けない自分への苛立ちと母親に対する尊敬の気持ちを抱いたことははっきりと覚えています。

あぁ~自分にもほんの少しでも絵を描く技量があればなぁ。(才能なんて贅沢な事は申しません)随分とティーチングの準備が楽になるのにな。
こればっかりは努力ではどうにもならない気がします。



スポンサーサイト
2010.11.22 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。