FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
10月9日(日)、天候 気温17℃ 最高のコンディションのもと第29回新潟シティマラソン当日を迎えました。

実は前日からどうも喉に違和感があり、あれ、風邪の引き始めかな?と心配していたのですが当日の朝もどうも良くなっていない。まぁ熱があるわけでもないしどうにかなるかと、自身のコンディションは万全とはいかなかったものの、遂に、という感じで本番です。

と~っても気分も落ち着いた中新潟市長による号砲でいよいよスタートです。去年も思った事ですが、それにしても周りのランナーのペースの速いこと これに惑わされてはいけません。何せ長丁場ですから。練習通りのペースを守りつつ「誰か知り合いはいないかな~」とキョロキョロ。おっいたいた。メッツ生徒のK氏。彼は10Kmの部に出場で今回はタイム狙い。お互いの健闘をたたえあうと彼は人ごみの中ススーッと前方に消えていきました。

前半1Kmを6分で通過。混雑具合を考えれば予定通りです。今回は4時間切りを目標としているので1Kmを5分30秒で行きたいというのが狙いです。初フルマラソン4時間切りとは厳しい目標を設定しましたがLOVESPORTSな私にとっての挑戦でございます。

6Km過ぎ10Km走参加者と別れを告げ我々は日本海夕日ロードと呼ばれる海岸線をひた走ります。車でしか走ったことの無い道。折り返し地点が遥か彼方に感じられます。

それにしても気象状況の素晴らしい事。ほぼ無風の中キロ事のタイムを気にしながら西へ西へ歩を進めます。疲れは無いももの折り返し地点が待ち遠しくなります。

2時間手前折り返し地点に到着です。先ずは第一関門突破です。体調も良く息も乱れていませんし身体も軽い。びっくりするくらい楽にここまで来ています。「おいおいこんな楽じゃフルマラソン完走の達成感が味わえないよ」と今思えばおバカな思いすら持つほどに。

それならばと少しペースを上げます。22Km~28Kmは丁度よいペースのグループに入り私の走りも軽快そのもの。

29Km付近、そのグループからも思い切って抜け出し更にペースUP。あれだけ苦しかった練習走30km地点を通過し次の目標は35km。

たださすがにここまで来ると脚も重くなり始め気持ちも負けてきます。ゴールまでの道のりを考えると更に疲労も襲ってきます。「やばい、つらい~」。限界には来ていないものの完全に集中力は切れています。

そして37Km過ぎ、遂に悲劇が。「ピキッ、と言うかズキッ」というか突然右膝を激痛が襲います。本当に突然でした。アタタタタッ。ガクンと落ちるペース。走れるのか、歩くのか、自問します。せっかくここまで走って来たのに。歩きたくない、あくまで完走なんだ、と。おそらくもの凄い不恰好な走り方だったと思います。

とてつもなく長い1Km。数秒事に波のごとく押し寄せる「歩いちゃえば」の誘惑。辛すぎて膝の痛みも麻痺状態。「ハイ、ラスト3Km、2km,1Km」とボランティアの方々の激が飛びます。

そして遂にゴールのある新潟市陸上競技場へ。ここまで来れば大丈夫。ジャージのジッパーを上まで上げガッツポーズでゴールイン!

あ~終わった。小さな達成感。何千人もの人が走るフルマラソン。ここにいるとフルマラソン完走が普通に思えるから不思議です。そして記録ですがこちらです。
marathon_convert_20111012184729.jpg

見事4時間を切りました。3時間52分34秒。記録には大満足です。しかし無理して走った代償で2日間はまともに歩けず。気管支炎併発でぜえぜえ。

何事もそうかもですが終わってみれば辛さも忘れます。40km付近、もう二度と走りたくないとも思いましたが数日たった今次の目標を3時間30分に設定しています。これが人間の不思議さでありまたうがった見方をすれば学習能力の無さの現われでもあります。二日酔いと似てますかね。

とにかく今回無事にこのイベントを終えることが出来、主催者、ボランティアの方々に感謝です。一人ひとりが抱えるそれぞれの思いを具現化出来る幸せ。ありがたいです。

ここで燃え尽き症候群にならずに年末までのカウントダウン、走りまーす。

スポンサーサイト
2011.10.12 Wed l スポーツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
1週間前、あえなく26Km付近でリタイヤをしてしまった初のチャレンジ30Km走。もも筋が機能しなくなった事からコンプレッションパンツなるものを早速購入し、もも筋のサポートを実施。New アイテムをゲットし再チャレンジ。その効果はいかに?

7~8Km付近、身体も軽く、もも、股関節周りは程よい締め付けがありながらも何も履いていないような感覚。すばらしい!! 現代のテクノロジーと変質者の気分を同時に味わえると言うこれもまた未知の世界に突入か?!

15Km通過。何か気分が憂鬱だなぁ。これから辛くなるんだろうなぁ、と1週間前の辛さがよみがえります。いかん、いかんと心にムチを入れ keep runningです。

20Km付近、あぁ~しんどい 脚も重くなってきました。この位から1Kmが長く感じられます。

26Km通過。先週を越えたか。でもいつでも止められる程辛い。心の弱さがやる気を上回って行きます。この頃には老若男女問わず、全てのサンデーランナー達が私を追い抜いていきます。

気を紛らわす手段も何も無く、只ひたすらに止まりたい、止めたい、でも後悔したくない。ギリギリの葛藤。残り3Km,2Km,1Km,通常の心境なら‘頑張れ’の一言でクリア出来そうなこの距離が、この時点でも尚、‘止まりたい’としか思えない。

そしてスタートしてから3時間20分、やっとの思いでゴールです。達成感まるで無し。フルマラソンへの恐怖かつて無いほどに。

帰宅してからも気分は悪く、疲労、脱力、頭痛。無理やり食物を胃に押し込みながら暗い部屋でボーッ。

新潟シティマラソンまで約1ヶ月。あと1回だけ30Kmを走っておきたい。来週は少し軽めのジョグにし、再来週再び30Kmに挑戦してみよう。その後は3週間無理せず、コンディションを整えよう。

41歳初のフルマラソン挑戦、しかもタイムリミットは5時間。有言不実行男の初?の有言実行が成し遂げられるのか。どうなります事やら。



2011.09.07 Wed l スポーツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
いつの間にか夏も終わり何となく街も静寂になった様な気がしています。海岸沿いを歩けば夏の日の賑わいが嘘の様。
夏のビーチも開放的で良いですが初秋のビーチもまたのんびりムードで悪くありません。こうやって我々の心模様も季節ごとに変化していくのでしょう。

秋海1

わずか2週間で...

秋海2
センチメンタル満載に

気温が涼しくなった事もあり来たるべき新潟シティマラソンに向けて1度はチャレンジしなくてはと心に決めていた30Km走に挑戦してみました。気温は30度とまだまだ暑い中でのランでした。

10Kmを過ぎた頃には「ダ~メだこりゃ、15Kmでストップしてぇ」とやめる気満々。只、30Kmを走ってやろうという気はそうそう毎週やってくるものでもなく、せっかくなので行ける所まで行ってやれ、と1周15Kmの周回コースも2周目に突入。

いつ止める、いつ止める、と自分に問いかけながら20Kmを過ぎ25Kmに近づき、確実に心も身体も弱っていく私。そして遂に
もも筋が...
疲労の蓄積でどうにも脚が前に進まなくなってしまいました。26Km地点、ギヴアップ。

直後はさすがにショックでした。本番は更にもう1周分走らなきゃならないわけですから。スクワットの重要性ってこれの事なのかな?と。

そしてコンプレッションパンツっていいのかな?、とか何だかんだで前向きに変わる私。まだ1ヶ月以上あるし週末はスポーツ店をのぞいてみよう。
2011.08.31 Wed l スポーツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ジメジメ、蒸し蒸し、モワ~ンとした日が続く昨今、この梅雨時を皆さんはどう過ごされてますか?特に今年は節電の夏という事でガンガン冷房も効かすのも躊躇いますから、精神のコントロールも難しいですよね。

譴・岑+002_convert_20110704163316
新潟は今日も雨だった。空気が重い。

梅雨2
晴れの日は気温も上昇。ワン子もぐったり。こっちの気も折れます。

しかーし、どうあがいても天候は変えられないもの。そんな中私のテンションを一気に高めてくれる通達が。

梅雨3

届いちゃいました。地獄への誘いが。そしてパソコンのサイトを開き、クリック、入力、クリック、入力、クリック、クリックと、ものの数分後にはエントリーは完了しました、の文字が。
やっちまったよ~。40代、一般、42.195km。この緊張感はいつ以来だろう。ちょっと高めの時計の購入にサインをした時か。はたまた婚姻届けにサインをした瞬間か。未知の領域に挑戦する時のこのやっちまった感。
今回久々に感じました。

とは言え後戻りも出来ませんしする気もありません。こうなったらあと3ヶ月しっかり準備をするのみです。
真夏の練習は難しいですが諸先輩方の意見を聞きながら無事に10月9日を迎えたいものです。
2011.07.04 Mon l スポーツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
4月3日(日)。出場予定だった笹川流れマラソンが中止になった事でこうなったら一人でもハーフを走るしかないと決意して2週間。21Km、約2時間(予定)の道のりに挑戦しました。

ハーフ1

午前10時。柳都大橋よりスタートです。やや曇り。気温7度くらいでしょうか。

ハーフ2

東へ走る事5分。歴史博物館港ピアを通過します。日向ぼっこには最高の場所です。徐々に
心拍数が上がっていきます。

ハーフ3

しばらく行くともうそこは日本海。信濃川と日本海に囲まれた新潟市中心は本当に島の様。
新潟島と言われる所以です。7Km程続く海岸線は上り、下りがひたすら続きます。集中力を切らさぬ様走ります。

ハーフ4

辿り着いた新潟島の西の端、関屋分水路。ここからは信濃川沿いの比較的平坦な道を再び東へ走ります。

ハーフ5

日曜日ともなると多くのジョガー達が集う信濃川沿い。適当なペースメーカーを見つけながら
14Km付近万代橋が近づいてきました。この先16Km以降は練習でも走ったことのない未知の領域です。膝に重みを感じてきていますがまだまだ限界には達していません。これなら行ける!!
しかしこの先写真を撮る余裕を無くし、いきなりの...

ハーフ6

ゴール!! 時間は2時間と56秒。惜しくも2時間切りはなりませんでした。しかも15Km以降はこれまでの経験で大体6Km だろうという上がりでしたからあくまで参考記録でしかありませんが、まぁとりあえずはハーフに限りなく近い距離は走ったつもりです。

じわっとこみ上げる喜びと単純にこの倍を行かなければいけないフルマラソンの過酷さを実感。でもフルマラソン経験者は皆このプロセスを経てきたのだろうと思えば今日は満足の走りでした。フルを予定しているのは秋だし、今日の走りが自信にもなったし、これからはもっと楽しく練習が出来そうな気がします。

2011.04.04 Mon l スポーツ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。